「もしドラ」の加藤氏のサイト「cakes」が想像していたのとちがう

8月29日のエントリーで紹介した、「もしドラ」の編集者として知られる加藤貞顕氏が立ち上げたサイトがスタートしています。
●cakes(ケイクス) https://cakes.mu
加藤氏のインタビューを読むと、紙や電子書籍に対する認識が私と似ていたので、立ち上げる前から少し期待していたのですが、いざフタを開けてみると、想像していたサイトと違うものでした。
といっても、人間が違うのだから、想像といっしょでなくて当然なのですが(一致したら気持ち悪い)、腑に落ちないものがあるのも確かです。
「クリエイターと読者をつなぐサイト」というキャッチフレーズから、漠然とニコニコ動画の「電子書籍」みたいなものを考えていたのですが、まったくもって勝手な想像だったようです。
当初想像していたのは、一般の書き手がどんどんサイトに投稿し、それを読者が自発的に(サイト側からの「編集者」的なしかけなしに)支持していくというものです。ニコニコでは動画やイラストではこれが行われていますが、小説などの文字ものはまだ実現していません(いずれ機が熟すと見ていますが)。
現在のcakesのサイトは、いわばウェブマガジンみたいなもので、既存のサイトとの違いがよくわからないのです。従来の紙の雑誌や単行本、ウェブサイト、ブログ、ツイッターなども、この伝でいけば「クリエイターと読者をつなぐ」メディアであることに変わりはありません。
現在、ぎゃふん工房では電子メディアとしての「小説」を制作中です。しかし、これをどのように配信すればよいかが課題となっています。
そんな個人的な事情もあって、cakesには期待していたのですが、現在のところ、こちらのニーズを満たしていないといえます。
もちろん、サイトの内容が端にも棒にも掛からないものだというわけではありません。全部ではありませんが、読みたいコンテンツもちらほら見かけます。ですから、ウェブマガジンとして考えるなら、別に悪くはないと思います(未だ購読者にはなっていませんが)。
しかし、今のところ硬直したネット界に風穴を開けるサイトとは、必ずしもいえないのではないか、という気がします。

「もしドラ」の編集者・加藤貞顕氏がデジタルコンテンツのプラットフォームを構築中

「もしドラ」(『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』)の編集者として知られる加藤貞顕氏が、ダイヤモンド社から独立して会社を興し、デジタルコンテンツを配信するプラットフォームを立ち上げているとのこと。
– Piece of Cake, inc. http://www.pieceofcake.co.jp
これは個人的に非常に興味があります。
というのは、いま僭越ながら私も電子書籍を作りたいと考えていて、なおかつ、電子書籍を作るところまではいいとして、ではどうやって配信したらよいのか、という問題に直面しているからなのです。
「電子書籍とは、そもそも何か?」という根本的な問題すら未だ解決されていないと思いますが、一般的に「電子書籍」といえば、出版社が作るもの、というイメージがあります。
出版社といっても、いわゆる全国書店に配本しているところだけではないと思いますが、電子書店が扱う「電子書籍」は、電子書籍会社が作ったものを指しているわけです。
では、私たちような個人が電子書籍を配信したいと思ったら、どうすればいいのか、というと、未だ理想的な環境は整備されていないというのが現状です。
もっとも可能性のあるのは、ニコニコ静画でしょうか。
すでに電子書籍が配信されていて、現在は出版社の作ったコンテンツしかありませんが、いずれ機が熟し、一般ユーザーも投稿可能になると思われます。
この「一般ユーザーも投稿可能」という部分で、加藤氏の構想しているプラットフォームはじつに興味深いというわけです。
加藤氏のインタビューなどを読むと、現状認識も私と非常に近いものがあり、それだけに期待も高まります。
ただ、これはあくまで経営や経済に詳しくない一介のサラリーマンの戯言と聞き流してもらって結構なのですが、まだ何も始まっていないうちから、いきなりお金を引っ張り出しているのが、〈起業〉という観点からいうと、ちょっと危うい気がしないでもありません。
まあ、プラットフォーム事業ともなると、私費で始めるわけにはいかないでしょうが……。
実際に事業が軌道に乗ってしまえば、こんなことは問題にすらならないわけですがね。

前田希美:原案『センパイ・秘密の恋』好評発売中

いちおうローティーンの女の子向け恋愛小説だけど…

先日のエントリーで すでにこの本のことを書いているので、 今さら感があるんだけど(゚ー゚;

来月号で惜しくも卒業してしまう ローティーン向けファッション雑誌 『ピチレモン』のトップモデル 前田希美(まえのん)。 そのまえのんの原案の恋愛小説 『センパイ・秘密の恋』 が好評発売中です(*^-^)

地方の小さな書店などには行き渡っていないらしく、なかなか買えないという声もあったので、 7月下旬にわずかながら増刷しましたヽ(´▽`)/

中学生の女の子が入学式の日に 先輩に一目ぼれして、さらに雑誌「プチメロン」のモデルオーディションにも合格して恋に仕事にがんばる★というお話。

まあベッタベタなラブストーリーなわけだけど、ベタなだけに盤石な物語ともいえるわけで。

『ピチレモン』の読者層を狙っているので小学生〜中学生の女の子向けに作ったんだけど、あらためて考えると、実はオトナでも楽しめるのではないかという気がしてきた。

基本的には、事実をもとにした「フィクション」なんだけど、読者が想像する以上に「真実」が含まれていて、なんというか、子どもからオトナまで誰にもあてはまる普遍的な人生訓が書かれているようにも思える。

ちょうどスタジオジブリのアニメがオトナも楽しめるのと似ているような。(『海がきこえる』『耳をすませば』みたいに)

ちなみに、誰も気がついていないようなので書いちゃうと、先輩の呼び方が、ある出来事を境に「先輩」→「センパイ」と変化します。

さらには、「親友」「友だち」の使い分けも注意したいところ。(こっちのほうが重要かな)

モデルちゃんの小説ということで、本人が主人公に扮したイメージカット(いろんな衣装、いろんな表情が楽しめるように工夫しました)や、ファッションやビューティに関するインタビューなども掲載しているので、こちらも見どころ。

表紙のタイトルや、章の扉のポエムを本人が書いているのも注目してほしい。

1260円という値段は、ちょっと子どもには高い気もするのだが、実際に手に取ってみると、それだけの価値があると思わせる作りにはなっております。(前シリーズの『その声で好きと言って』より高価な紙を使っている)

ケータイサイトの「モバゲータウン」でも読めるので、こちらを見てから考えてもらってもよいかと。(ただし、ケータイ版と書籍版は終わり方が少し違っている)

Qrcode_0518

ちなみに、ケータイ版は『センパイ♥秘密の恋』と微妙にタイトルが違います。

『ピチレモン』のウェブサイト(ピチレモンネット)では、まえのんが小説を朗読したりインタビューに答えている動画が見らるし、本の128ページにある「秘密のキーワード」を入力するとスペシャル画像もダウンロードできるようになってます。

[2015年12月 追記]ピチレモンネットは(雑誌とともに)なくなってしまいました。

本一冊作るのも大変だけど、そのほかにサイトやモバゲータウンでの配信とか何もかもやらなければいけなてメチャクチャ苦労した作品です。

それだけに、個人的に思い入れも強いし、先日書いたように、未来の小説・書籍のあり方を提示しているようにも思えるし。

といったわけで、「今さら」だけど宣伝してみた次第です。

『電子書籍の衝撃』(本)

電子書籍とウェブサイトはどうちがうの?

「そもそも電子書籍とは何か?」を突き詰めて考えていったとき頭を悩ませるのは「電子書籍とウェブサイトはどう違うのか」ということだ。

そもそも、文字情報を広く伝達する手段として、従来は紙媒体(本・雑誌)がもっとも有効だったわけだが、パソコン・ケータイの普及やインターネットの発達により、ウェブサイトが台頭してきたという経緯がある(もちろん、ウェブサイトが紙媒体にとってかわったわけではないのだが)。

「電子書籍を読む」ことと「ウェブサイトを見る」ことは、iPadやキンドル、パソコン、ケータイなどの「電子端末でコンテンツを読む」という点では同じだ。

となると、電子書籍とウェブサイトの境界線はどこにあるのか、いや、そもそも両者を区別する必要さえもわからなくなってくる。

電子書籍を制作・販売するのは、「書籍」というだけあって、なんとなく出版社であることが前提となっているが、電子書籍とウェブサイトの境界があいまいであるなら、その前提も怪しくなってくる。

パソコンやケータイといった電子端末で音楽や動画などのコンテンツを楽しむ行為がわれわれの生活に定着していることを認めるとして、「紙の書籍を読む」ことと「電子の書籍を読む」ことの間にはかなりの隔たりがあるのではないか。

両者はまったく別の行為であり、単に媒体・手段が変わるだけだと考えるのは、とてもマズイということになる。

おそらくこれからやるべきことは、「紙の書籍を読む」ことと「電子の書籍を読む」ことの隔たりを解消し、両者が同じ行為であるとユーザーに感じさせていくことだろう。

「おそらく」などと弱腰なのは、

  • 「電子書籍を読む」イコール「ウェブサイトを見る」でなぜいけないか。
  • 「紙の書籍を読む」イコール「電子の書籍を読む」になぜしなくちゃいけないか。

という問いに対する答えを、このブログではまだ見出していないからだ(もちろん、なんとなくはわかる。収益構造とか出版文化の危機とか)。

情けないことに、まだ問題点すら提示できていない。考察の入り口に立ったばかりなのだ。

『センパイ・秘密の恋』(本)

ほんとうは「電子書籍元年」ではない
今年は「電子書籍元年」と言われている。
アマゾンのkindle(キンドル)が昨年に上陸、
アップルのiPadが今年の5月に発売され、
これらの機器が電子書籍のユーザーを増やすことに
貢献するのではないかと考えられている。
「元年」という言葉が使われている理由はわかるのだが、
「電子書籍」の市場そのものは日本にも以前から存在しており、
これらの機器があたかも救世主のように騒がれることに
違和感を覚える。
本や雑誌が売れず、出版業界が不振であることは事実だ。
しかし、そこで
「だったらリアル(紙)ではなくデジタルで出版すればよい」
という思考に流れるのは実は理にかなっていない。
本屋で売れない本がデジタルで出した途端に
ベストセラーになるとは限らない。
(仮にそういう例があったとしても原則にはできない)
かといって今後どうしていけばいいのかは
有効な答えを誰も見出していないのが現状だ。
もちろん、このまま手をこまぬいているわけにはいかない。
このブログでは、「電子書籍」のありかたを
ことあるごとに考察していきたいと思っているのだが──。

“『センパイ・秘密の恋』(本)” の続きを読む