憲法は〈国家〉が本来持つ力をわれわれが押さえ込むための“呪縛”

憲法は〈国家権力〉が本来持っている強大な力を非力な私たちが押さえ込むための“拘束具”ということができます。

ひとくちに“拘束具”といっても、いろいろあって、『羊たちの沈黙』のハニバル=レクター博士が着せられているのも拘束具です。 

Img2012120901

ですが、〈憲法〉=〈拘束具〉のイメージにもっとも近いのは、『新世紀エヴァンゲリオン』のそれでしょう。

テレビシリーズ版(旧エヴァ)の第拾九話「男の戦い」では、暴走した初号機が、みずからの力で装甲板を破壊する描写があります。

Img2012120902

しかし、厳密には「装甲板」ではなく、「拘束具」であることが明らかになります。

「あれは装甲板ではないの。エヴァ本来の力を私たちが抑え込むための拘束具なのよ」

エヴァの拘束具は、レクター博士の場合と異なり、多くの人が装甲板と思い込まされていたことからわかるように、エヴァそれ自体をカタチ作っている〈構造体〉でもあります。

憲法は英語でconstitutionといい、「構造」「構成」といった意味になります。つまり、国家をカタチ作るものというわけです。

憲法は、国家の本来持つ力を押さえ込む拘束具であると同時に、国家それ自体をカタチづくる装甲板(構造体)でもあるのです。

さて、今述べたエヴァの概念は、テレビシリーズ(旧エヴァ)のものでした。

では、新劇場版ではどうなっているのでしょうか。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』に、テレビ版「男の戦い」に相当するエピソードがあり、ここでもやはり初号機は暴走するわけですが、「拘束具」という言葉は出てきません。

「ヒトのかけた呪縛を解いて、ヒトを超えた神に近い存在へと変わっていく」

つまり、旧エヴァより、さらに“高度な次元”にまで行ってしまった、と考えることができます。

先日のエントリーで〈国家〉=〈神〉説というのを提唱しましたが、まさに、ヒトのかけた(憲法という)呪縛を解いて、神に近い存在へと変わっていく(ことを望んでいる人がいるようだ)、というわけです。 その行き着く先は、

「世界が終わるのよ」

ということになります。 

Img2012120903

議論が錯綜してきましたので、今回の論旨をまとめましょう。

  • 国家は本来、強大な力を持っている。
  • 憲法は、国家をカタチづくるものであると同時に、国家の力を押さえ込むための“拘束具”(=呪縛)である。
  • その“呪縛” は、下手をすると国家みずからの力で解かれてしまう(暴走してしまう)。
  •  “呪縛”が解かれると、国家は神に近い存在となり、その行き着く先は世界の終わりである。

そして来週は、国家という神につかえる“天使”を選ぶ祭りごと(=「政」)が全国的に行われるということになります。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』──エヴァ世界の理(ことわり)を超えた新たな物語の誕生

視聴者側にとって「観たいエヴァ」、制作者側にとって「作りたいエヴァ」──「エヴァらしさ」というのは、すべて旧作版に含まれている。そこからはずれたものは「エヴァではない」という烙印を押されてしまう。

それほどまでに、旧作版『エヴァ』は堅固な物語です。

『序』は、映像や音声など「見せ方」はバージョンアップしていますが、物語は旧作を踏襲しています。

『破』は、マリという新キャラクターが登場しましたが、小娘がひとり増えただけで、作る側も観る側も大騒ぎになりました。

でもって、新劇場版の第3弾の『Q』です。

「エヴァ」の新作として、登場人物を増やしたり、メカの数を追加したり、世界観に関わる設定をもう少しだけくわしく語ったりする。 それは我々の想像・期待の範疇でしょう。制作者側にとっても、順当な作業といえます。エヴァという「堅固な物語」を変えることにはならないからです。

たしかに『Q』でも、新キャラクターが増えていたり、新しい機体や見慣れない装備が登場したりしています。これも今作の見どころではあります。

しかし、今作の最大の“暴挙”ともいえるチャレンジは、既存のキャラクターのベクトルや立ち位置を180度転換させる、というものでした。

──エヴァ世界の理(ことわり)を超えた、新たな「エヴァ」の誕生。代償として、古(いにしえ)の物語は滅びる。

ひょっとしたら我々はこんなエヴァ「も」、観たかったのかもしれません。 ひとつの物語、1本の映画、アクション・アニメとして観れば、傑作であることは間違いありません。 でも、旧作版に親しんだ者としては、どこか寂しさも覚えずにはいられない。 そんな作品でした。

【ヱヴァ】『Q』公開前に『序』の復習──デジタルでミニチュアを再現

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ第3弾『Q』が11月17日に公開されます。
当ブログは、公開から1〜2週間後の鑑賞になりそうですが、観賞後にはレビューをアップしたいと思います。

『Q』鑑賞に向けた“復習”として、とりあえず『序』を見直してみました。

今さら語るべき言葉はない──といいたいところですが、先週購入した『全記録集』を読んで、改めてわかったことがあります。

『新劇場版』にデジタル技術がふんだんに用いられていることは言うまでもないのですが、「特撮映画のミニチュアのような表現」をデジタルで実現しているというのです。

これは目からウロコの視点でした。

たとえば、第5の使途のお腹にある気持ち悪いものがウネウネしているのは、あくまで「機械仕掛け」で動いているイメージだそうです。

また、爆風で吹っ飛ぶ車も、あくまでミニカーのような挙動。電車類も本物ではなくミニチュア。

そんな観点からあらためて見直してみてはいかがでしょうか。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:全記録全集』を買っちゃった

9月に注文していた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集』と『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 全記録全集』が11月3日に届きました。中身はまだ見ていないので、今回は画像のみのご紹介です。

Img2012110501

▲まずは『序』のパッケージから。

Img2012110502

▲フィルムコミックや設定資料が収められた冊子です。

Img2012110503

▲中身はこんな感じ。

Img2012110504

▲絵コンテ集です。旧世紀版は、テレビ版・劇場版ともに絵コンテ集を所有しているので、これが一番の目的だったりします。

Img2012110505

▲絵コンテ集の中身です。

Img2012110506

▲『破』のパッケージ。『序』より厚みがあります。

Img2012110507

▲フィルムコミック・設定資料集は二分冊。

Img2012110508

▲ハコから取り出したところ。

Img2012110509

▲中身はこんな感じです。

Img2012110510

▲やはり絵コンテ集が付いています。

Img2012110511

▲中身はこれです。 今後の物語の解読に大いに役立てたいと思います。

アニメ『新世界より』──「映像化不可能」はなんかおかしい【第一印象レビュー】

Img_20121008
アニメ版『新世界より』(原作:貴志祐介)がスタートしました。今回は初回の感想をメモしておきます。
「映像化不可能と言われた原作をアニメ化」みたいな言われ方をしていたのですが、このブログで「RPGみたいだ」と書いたとおり、むしろビジュアルが想像しやすい作品であると思います。
小説としてはかなりの長編なので、それを放映時期内におさめるのが難しい、という意味ならわかるのですが。
初回を見る限りは、キャラクターや舞台のデザインは、まさに小説を読みながら想像したとおりで、比較的うまくアニメ化しているのではないかと評価できます。
省略されるエピソードが出てくるのは避けられないでしょうが、いかに途中で空中分解せずに物語を終わらせるかが、スタッフ陣の腕の見せ所といえそうです。
●テレビ朝日『新世界より』オフィシャルサイト
http://www.tv-asahi.co.jp/shinsekaiyori/

【心霊】映画『感染』に写った少女の霊の正体は!?

20121004a_2

映画に写り込んだ“心霊”としては、『サスペリア』とか『フェノミナ』とか『スリーメン&ベビー』とか『リング』とかいろいろありますが、この『感染』も、その手の話が好きな人の間では結構有名なのではないでしょうか。

当ブログとしても、ホラー好きとして、もちろん大好物の話題です。

また心霊ホラーの小説を制作中の身としては、作品へのコンセントレーションを高めるために、キャプチャーして遊んでみました。

星野真理の演じる新人看護婦の背後に、女の霊が写りこんでいます(とされています)。

ただ、こういうのが好きな人はいいのですが、苦手な人もいるだろうし、「呪われる」と思う人もいるので、モザイクをかけました。

【閲覧注意】リンク先にはモザイクなしの画像があります。

【心霊】映画『感染』に写った少女の霊の正体は!?──解決編?

じつはこの映画の公開時に、監督の落合正幸氏にインタビューをしたことがあります(もちろん、この心霊現象についてではありませんが)。

映画の編集をパソコンで行なっているとき、よくフリーズするトラブルに見舞われ、「感染した!?」と思ったそうです。

言うまでもなく、この映画はコンピュータウィルスの話ではありません。

『感染』に写った少女の霊の正体は!?──解決編?

20121004b_2

「少女の霊の正体」はじつは分かっていて、女優の真木よう子氏です。もちろん、この映画にも出演しています(真木氏を「少女」と呼ぶのは変ですが)。

問題は、なぜ真木氏の顔が写っているのか、それが不明ということです。

この場面には、本来は真木氏はいないので、写り込むのはかなり不自然です。

この件については、監督もわからないと話しています。

これはあくまで想像ですが、このときあそこに本当に真木氏がいて、本番であることに気づかずに、顔を出してしまった、ということなのかもしれません(もちろん、普通は誰かが気づくのでしょうが)。

買っちゃった! 平成ガメラシリーズのBlu-ray

Img20120924_4
先週「特撮博物館」に行ってきたことをお知らせしたわけですが、よく考えてみると、作品を鑑賞するためのソフトを持っていないことに、今さらながら気づいてしまったのです(工房が所有するのは、テレビ放映を録画したビデオと、『3』のセルビデオのみ)。
だから、買っちゃいました。平成ガメラシリーズのBlu-ray。Amazonで、衝動的にポチッと。
価格は、3作品収録で2500円(今はさらに安くなっているようです)。1作品あたりは「特撮博物館」の入場料より安いという……。
といっても、今回購入したのは北米版で、したがってパッケージなどの造りがちゃちい(らしい)のですが、中身は同じだから、まいっか、というところです。
まあ、「フィルムに写らないところまで作り込むことが大切」などというレビューを書いておきながら、「データは同じだからいいじゃん」というのは、「特撮魂」に反している気がしますが、今回のソフトはコレクションというより、あくまで観賞用ということで、どうかひとつご勘弁を。
というわけで、さっそく第1作目の『大怪獣空中決戦』から見始めました。
以前は「やはりパート2や3を観てからだと、1の特撮は見劣りする」という印象があったのですが、1は往年の怪獣映画のオマージュですから、むしろ「いかにもミニチュア」のように見えるのが正解なのです。
それどころか、実景すらもミニチュアに思えてきて(自衛隊の戦車など、オモチャにしか見えない)、映画全体として本編と特撮にまったく違和感がないのに、あらためて驚かされます。
平成ガメラシリーズのよいところは、特撮だけがよいわけではないことで、これがきわめて重要です。
単に怪獣が日本に現れた、というだけの話にもかかわらず、冒頭から緊張感が持続し、気づいたら「完」の文字が出るという、途中まったくだれることない、見事に練り上げられた脚本。
また、3.11や9.11を経験したあとでは、まさしく日本に怪獣が現れたらこうなるであろうというリアリティがとてつもなく、これは当時の制作者の意図をはるかに超えているように思います。
もちろん、ほかにも「特撮の撮影現場の熱気にインスパイアされた」という音楽や、出演者の存在感(中山忍がかわいすぎ、カッコよすぎ)など、特筆すべきポイントはたくさんあります。
とくに特撮好きでなくても、老若男女楽しめる娯楽映画として、おすすめしたい傑作のひとつです。
では、『2』も『3』も引き続き鑑賞していきます。

【声優学入門】『プロメテウス』──20世紀フォックス映画でこんな事態になるとは

『プロメテウス』は3D・日本語吹き替え版で鑑賞しました。 若手女優の剛力彩芽氏が主人公を演じることが宣伝されており、一抹の不安を感じていました。 剛力彩芽氏のことは私は知らなかったのですが、そのキャリアから考えて、その実力が評価されてのことではなく、まさに「宣伝」のためだけにキャスティングされているのではないか、という予感がありました。それは、観る側にとっても、そして本人にとっても不幸なことです。

たしかに、『プロメテウス』というタイトルでは、訴求力がないことは認めざるをえないでしょう。『エイリアン5』であれば、こんなことは必要ないはずですから。

もちろん、番狂わせというのはあります。 一見、「客寄せパンダ」として配役されていたのかと思いきや、きちんと役に溶け込み、作品を盛り上げていた例もあります。

パッと思いつくのは、『Mr.インクレディブル』の宮迫博之氏、『スチームボーイ』などの小西真奈美氏などです。

で、結果のほうですが、健闘していることは認めますが、やはり新進女優には荷が重かったといわざるをえないでしょう。 なぜなら、そのほかのキャストがベテラン・実力派ぞろいだからです。

  • エリザベス・ショウ → 剛力彩芽
  • デヴィッド → 宮本充
  • メレディス・ヴィッカーズ → 深見梨加
  • ピーター・ウェイランド → 納谷六朗
  • チャーリー・ホロウェイ → てらそままさき
  • ヤネック → 楠大典
  • ミルバーン → 落合弘治
  • ファイフィールド → 藤原啓治
  • フォード → 森結花
  • ラヴェル → 内田聡明
  • チャンス → 森田成一

劇中に剛力氏と藤原啓治さんが言い争いするシーンがありますが、こういうドラマ部分がとても辛い(沢城みゆきさんとかだったよかったなぁ)。

まあ、文句ばかりいっても始まらないので、そのほかのキャスティングを眺めてみましょう。 ストーリーを追いながら、その一方で「この声優さん誰かな?」と想像をめぐらすのが、吹き替え版鑑賞のもうひとつの楽しみです。

デイビッドの宮本さんは、すぐにわかりました。デイビッドはアンドロイドで、〈エイリアン〉のアンドロイドといえば、悪いヤツだったり、いいヤツだったりするわけですが、「今回はどっちだろう」と想像するのも楽しかったりします。

宮本さんなら「いい人」という感じがしますが、本作では感情を少し押し殺したような抑えた演技で、このキャラクターに深みを与えています。

メレディス・ヴィッカーズは、人間ですが、アンドロイドのデイビッド以上に非情な役柄。最初、田中敦子さんだと思って観ていたのですが、途中から「ん? ちがうかな」と違和感を覚えながらも、最後まで誰だかわかりませんでした。正解は深見梨加さんで、たしかに田中さんなら、もう少し温情な女性になりそうです。言い訳じゃないけど、田中敦子さんだと思う人もいるはずです。

ピーター・ウェイランドは本作の重鎮で、日本語版も大御所・納谷六朗さんが務めます。貫録たっぷりで、文句のつけようがありません。

ヤネックは頼りになる船長で、最後の最後まで東地宏樹さんだと思ってました。頼りがいがあるけども、すこし軽薄さも混じっているというのは、東地さんにぴったりなのですが、楠大典さんというのは意外です。東地さんと槙さんが似ているというのは、新たな発見でした。

そして、藤原啓治さんですが、こういうキャラクターを演じられる声優さんがいるというのは、日本の声優界が誇るべきところです。第一印象が軽い人物なのですが、それだけに危機的状況下のパニックぶりが映えます。これが、サスペンスを大いに盛り上げてくれるのです。

20世紀フォックスは、吹き替え派としては比較的信頼できる映画会社だと思っていますが、上記のような「大人の事情」を考慮すると、情状酌量の余地があるものの、やはり罪深いと言わざるをえません。 DVD、ブルーレイなどソフト化の際には、ちゃんとした声優さんが配役されたバージョンを希望したいですが、厳しいかな?

『プロメテウス』──描かれるのは「人類の起源」ではなくて……

タイトルは『プロメテウス』。〈エイリアン〉シリーズの前日譚であるものの、あくまでも『エイリアン5』ではないので、いったんシリーズとは切り離して、SFサスペンスものとして鑑賞しました。

未知のものに対する期待と畏怖、未来の技術に対する憧憬、乗組員の生命が危機にさらされるときの焦燥感。

若手監督のような精鋭さはないものの、SFサスペンスとしてしっかりと作品をまとめあげる盤石な手腕は見事というほかありません。

ということで、〈エイリアン〉シリーズを知らない人でも、それなりに楽しい映画であると思われます。

では、シリーズを知っている人にとってはどうか?

ブリーフィーング→惑星に突入という一連の流れは、『エイリアン2』へのオマージュであるように思えます。

さらに、少し船外に出るシーンはあるものの、それは移動中だけで、基本は「宇宙船」の中だけで起こる出来事を描いています。

第1作目のような密閉感・孤独感はないものの、しかし限定空間を舞台にしている点で、第1作目を彷彿とさせます。

ところで、われわれが知っているエイリアンというのは、卵を人間の体内に産み付け、幼体がその中で育ち、あるていど成長すると体外に飛び出してくる、という生態を持っています。

そこで疑問なのは、まったくの異世界からやってきたはずのエイリアンが、人間の存在を前提としていることです。

個人的にはこれが永らく謎であったのですが、これが本作で氷解します。

これだけでも、シリーズのファンには必見の映画だと思います。

つまり、この映画で描かれているのは「人類の起源」だけでなく──と、これ以上はネタバレになるので、書くのをやめることにして、〈エイリアン〉シリーズのファンで、これから映画を見る人のために、覚えておくといいことがあるかもというポイントを挙げておきます。

  1. 今回の舞台は惑星LV-426ではない。LV-223である。したがって、「スペースジョッキー」は……。
  2. エンドクレジットに、H.R.ギーガーの名前がある。
  3. 物語は「宇宙船」の中で進行する。この「宇宙船」は英語に訳すと複数形になる。