【死刑】「サイレントヒル2」の三角頭は死刑執行人なのか

当ブログでは、よけいな感情を捨て、理性的・観念的に〈死刑〉を考えるための手段として、〈三角頭論〉というのものを提唱しています。

この理論をひとことでいうと、

刑を科すのは自分自身である

ということです。

ここまでは前回までに述べてきたので、今回はもう一歩進んで考えてみます。

“【死刑】「サイレントヒル2」の三角頭は死刑執行人なのか” の続きを読む

【死刑】自分が殺されても賛成・反対できるか?

このブログで考察の対象にしている〈三角頭〉論は、乱暴にまとめるなら「裁くのは自分自身だから死刑は正当化される」というものでした。

〈三角頭〉や〈インクイジター〉は、現実世界には存在しえないため、実際は「殺人という〈罪〉を犯してしまったときのために〈法〉を整備しておく」という対応になります。

〈法〉を作る段階では、具体的な殺人は起こっていないため、論理的には以下の2とおりの立場に置かれることが考えられます。

  •  [A] 〈自分〉が殺す
  •  [B] 〈自分〉が殺される

しかし、〈死刑〉論においては、往々にして[B]のバリエーション

  • [B-2] 〈自分〉が殺される側の家族になる

のみが取り扱われがちです。

ですから、これに[A]のバリエーション

  •  [A-2] 〈自分〉が殺す側の家族になる

を加えた4つの立場で考えなければ公平とはいえないでしょう。

さて、死刑肯定論者が否定論者に対して行なう反論に、

自分の家族が殺されても死刑を否定できるか

というものがあります。

しかし、この問いが成り立つのであれば、同じように下のような問いも成立するはずです。

  •  [a-1] 〈自分〉が殺しても死刑を肯定/否定できるか
  •  [b-1] 〈自分〉が殺されても死刑を肯定/否定できるか

上記のバリエーションで下記も加えてもよいでしょう。ただし、あくまで派生です。

  •  [a-2] 〈自分〉の家族が殺しても死刑を肯定/否定できるか
  •  [b-2] 〈自分〉の家族が殺されても死刑を肯定/否定できるか

これは、単なる言葉遊びではありません。

「自分の家族が殺されても死刑を否定できるか」という反論は、「自分の家族が殺されたら死刑を否定できないはずだ」ということが前提になっています。

しかし実際には、自分の家族が殺されても死刑を肯定しない場合があることは周知のとおりです。

ここで「自分の家族が殺されても死刑を肯定しない人がいるのだから、肯定論は誤りである」といいたいわけではありません。

死刑を肯定するにしても否定するにしても、上記の4つの問いに答える(考える)ことが必要だと主張したいわけです。

ところで、〈三角頭〉論は、先に述べたように「〈自分〉が殺人を犯してしまった場合の対処法をあらかじめ〈法〉で定めておく」ことが第一義的な内容となります。そして「〈自分〉が殺す場合」以外の立場からも死刑を考察する必要があることはすでに述べました。

ということは、実際に〈殺人〉が起こる前に、「殺す/殺される」立場からモノを考えなければなりません。

しかし、これがなかなか難しい作業であることは、すぐに想像がつくでしょう。

まず、殺す立場になるというのはどういう状況なのか。あるいは、自分の家族が殺す側にまわるというのは、どういうことなのか。

一方「自分の家族が殺された場合のことを考えろ」という問いかけは、一見もっともらしいように思えます。しかし、「自分が殺される立場になれば、死刑を肯定するはずだ」というのは、「殺される立場で考えることは容易だ」といっているのに等しく、軽々に発することのできない問いであることがわかるはずです。

もちろん、「簡単に考えられない」から「考えなくてもよい」ということではありません。

「自分の家族が殺されたらどう思うのか(死刑を肯定するのか、否定するのか)」というのは、考えなければいけない問題です。

それと同時に、「自分が殺したらどう思うのか」などの問いも同じように考えなければならない。

まずはこれを肝に銘じることから死刑論は出発するべきだと思うわけです。

『死刑』──賛成派・反対派のどちらでも参考になる

ここ1週間ほど〈死刑〉について論じてきましたので、ここで〈死刑〉を考える際に参考になりそうな本をご紹介します。

書名はそのものズバリ『死刑』。著者は読売新聞社会部です。

先日のエントリーなどで批判の対象にしているとおり、『読売新聞』そのものは死刑賛成論者だと思われます。

では、この本がバリバリの賛成論を展開しているかといえば、そうではなく反対派の当ブログが読んでも大いに参考になります。

死刑囚はもちろん、被害者の遺族、死刑囚の家族、裁判官、教誨師と、〈死刑〉に関わるあらゆる人たちに取材し、彼ら彼女らの心情や苦悩を伝えています。

死刑を廃止した外国の例なども紹介されており、新聞本紙が賛成派ということを加味すると、〈中立〉、いやどちらかといえば反対派の本のようにも思えてきます。

死刑賛成派は被害者(の家族)、反対派は加害者(の家族)の利益に重きをおきがちですが、賛成するにしても、反対するにしても、あらゆる立場の人の視点から〈死刑〉を考える必要があるでしょう。また、その必要性がわかっていても、なかなか適切な資料は見つからないので、この本はとても有意義な一冊といえると思います。

【死刑】殺人をさせてはならない──〈三角頭〉論と〈国家機能限界説〉

ここ1週間ほど、大きな回り道をしながら、〈死刑〉について考えてきました。

〈死刑肯定論〉として提案した〈三角頭〉論(〈インクイジター〉論)の内容を簡単にまとめると、

  • 刑を科すのは自分自身である。
  • 自分が自分を裁くなら公平である。

というものでした。

ここで、〈国家〉とは何か? 〈人〉とは? などといった原点に帰り、あらためて〈三角頭〉論をとらえ直してみましょう。

そもそも〈人〉はなぜ〈国家〉を作るのか?

それはみずからの〈利益〉を守るため。

すなわち、〈人〉はみずからの〈利益〉を守るために、お互いに〈契約〉を交わし、〈法〉を定め〈国家〉を作った。

そして、この〈法〉を侵したものに〈刑罰〉を科すことで〈利益〉を守る。

つまり、あくまで〈刑罰〉を科しているのは、〈自分〉であるということになります。

では、どのような〈刑罰〉を科すべきなのか。

この問いは、どうすれば〈罪〉に報いることになるのか、と言い換えてもいいかもしれません。

たとえば、〈殺人〉という〈罪〉を犯してしまったとき、どうすればその〈罪〉に報いることになるのか。

ひとつの考え方としては、死をもって報いる方法。この場合、あくまでも「殺す」のも「殺される」のも、みずからがあらかじめ〈契約〉でとりきめていたことであり、問題はない──ように思われます。

ただし、これは「死刑を科しても問題ない」という消極的肯定であり、「なぜ殺されなければならないのか?」という問いには積極的には答えていません。

別の言いかたをすれば、「殺される」ことが〈罪〉に報いることになるのかどうかという問いには答えていません。

「答えていない」から「死刑に反対」という主張はいちおう成り立ちますが、これも消極的否定というべきものでしょう。

では、このブログの提唱している〈国家機能限界説〉とは、どういうものなのでしょうか。

ここで、冒頭の「〈人〉はみずからの〈利益〉を守るために、お互いに〈契約〉を交わし、〈法〉を定め〈国家〉を作った」という〈国家〉の成り立ちに戻ります。

ここで作られた〈国家〉というものは、目で見たり手で触れることができないバーチャルな存在です。

〈人〉の五感で感じることはできないけれども、「存在していることにする」というお互いの〈契約〉のもとに「存在」しているのが、〈国家〉の本質であるといえます。

では、この観点から〈死刑〉をとらえるとどうなるか。

本当は存在していない〈国家〉が、〈死刑〉を科すことはできるのか。

答えは「できない」。なぜならば、〈国家〉は本当は「存在していない」から。

しかし、現実には〈死刑〉は行なわれている。

なぜか。

それは、〈国家〉ではなく〈人〉が〈死刑〉を執行しているから。

端的に言えば、〈人〉が殺しているから。

これが〈死刑〉の本質です。

では、その観点から〈三角頭〉論を考えるとどうなるか。

〈三角頭〉は、みずからの罪悪感が生み出したものですが、実体を持った〈存在〉です。

実際に〈刑罰〉を科す能力を持っています。だから、〈三角頭〉は殺そうとする。しかし、〈三角頭〉は〈人〉ではない。

言うまでもなく、〈三角頭〉はゲームという虚構のキャラクターだから「存在」できるわけです。

しかし、現実世界では、〈死刑〉は〈人〉の手を使って行なわなければならない。

具体的には、裁判官や裁判員、刑務官が〈殺人〉を行なわなければならない。

もちろん、彼ら彼女らに〈殺人〉をさせているのは、〈自分〉すなわちこのブログを書き読んでいる我々そのものです。

これを是とするのか、否とするか。

〈死刑〉の是非は、この命題に収斂するのではないか、とこのブログでは考えます。

そして、〈国家機能限界説〉とは、「〈国家〉が実際に〈殺人〉をすることはできない。〈死刑〉とは〈人〉が〈殺人〉を行なうことである。そのような残虐、非道、不条理を〈人〉にさせてはならない」と考える理論ということになります。

〈死刑反対論〉を主張する際、冤罪の可能性や憲法違反、世界潮流(国連決議やEU加盟条件)などがうたわれることがあります。

これらは、もちろん考慮すべき問題であると考えますが、このブログが提唱する〈国家機能限界説〉はこれらを論拠にしていません。あくまで「〈人〉に殺人をさせてはならない」ということのみを主張する一点突破型の理論なのです。

〈人〉とは何か? 〈国家〉をどう作るか? 〈人権〉(FHR)とは? といった問題と、〈国家機能限界説〉をどう結びつけていくかが今後の考察テーマとなります。

【死刑】自分が裁けば公平──『宇宙船レッド・ドワーフ号』

このブログでは、死刑反対の立場から、死刑を肯定する根拠を探っています。 その論理のひとつとして〈三角頭〉論というものを提案しました。 〈三角頭〉論は、ひとことで言えば、「裁くのは自分でなければならない」「自分が裁くなら正当化される」という考え方です。

これについてもう少し深く考察するために、今回はイギリス国営放送BBCのテレビドラマ『宇宙船レッド・ドワーフ号』を取り上げてみましょう。

“【死刑】自分が裁けば公平──『宇宙船レッド・ドワーフ号』” の続きを読む

【死刑】なぜ法を守らなければならないか[パート4/5]──ギュリ(KARA)

昨日は、「何が大切で何が大切でないか」を見きわめることが重要であり、「価値には優先順序がある」ということがわかりました。

これについてさらに考察を深めるために、KARAのプロモーション用ビデオ(PV)を収録したDVD『KARA BEST CLIPS』を鑑賞します。

“【死刑】なぜ法を守らなければならないか[パート4/5]──ギュリ(KARA)” の続きを読む

【死刑】なぜ法を守らなければならないか[パート3/5]──『古畑任三郎』

一昨日・昨日と、「見た目の印象に惑わされず、本質を見きわめること」の大切さと難しさを見てきました。

3回目となる今回は、フジテレビ系で放映された刑事ドラマ『古畑任三郎』を肴に、さらに〈モノを考えるための枠組み〉を作る作業に励んでいきましょう。

“【死刑】なぜ法を守らなければならないか[パート3/5]──『古畑任三郎』” の続きを読む

【死刑】なぜ法を守らなければならないか[パート2/5]──福本伸行『無頼伝 涯』

昨日は、「パッと見の印象に惑わされず、本質を見きわめることが大切」であることを学びました。 今回は、『カイジ』シリーズでおなじみ福本伸行先生の『無頼伝 涯』を題材に、「本質を見きわめる」ことの難しさを見てみましょう。

“【死刑】なぜ法を守らなければならないか[パート2/5]──福本伸行『無頼伝 涯』” の続きを読む

【死刑】なぜ法を守らなければならないか[パート1/5]──『アリーmyラブ』

国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」は3月27日、2011年に死刑を執行した国は中国やイラン、サウジアラビアなど20か国で、その人数は中国だけで数千人、そのほかの19か国で計670人以上に上る、という調査結果を発表しました。

また、国連加盟国193か国のうち、日本を含めた175か国(91%)では執行がありませんでした。死刑廃止国は昨年9月以降2か国増え、過去最多の141か国(13日時点)になったそうです。

ところが、その2日後の29日、日本で3人の死刑が執行されました。

死刑反対の立場をとるこのブログでは、当然「あってはならぬ事態」と評価せざるをえないのですが、死刑賛成論者の中には次のような意見を主張するケースが見られます。

法相が個人の思想・信条から法律で定められた職責を果たさず、その結果、執行のペースが左右されることは、法治国家として本来許されないことである。
(『読売新聞』3月30日付・社説)

つまり、「法治国家である以上、当然ながら死刑を執行すべき」という論理です。
今回はこの問題を考えてみたいと思います。

以前、死刑など社会問題を論じる際には、「ものごとを考えるための枠組みを作ること」が大切だと述べました。

そこでまずはこの枠組み作りから着手することにします。

また、このブログは作品批評のブログでもあるため、独自の方法として、作品の記述や描写をヒントに、この「枠組み」が作れないかどうかを検討していきたいと思います。

今回、取り扱うのは、弁護士事務所を舞台にしたアメリカのテレビドラマ『アリーmyラブ』(Ally McBeal)です。

“【死刑】なぜ法を守らなければならないか[パート1/5]──『アリーmyラブ』” の続きを読む