とうとう〈バイツァ・ダスト〉が発動!!──東京都青少年健全育成条例改正案が成立

都立高校に通う高校生のブログより

15日に青少年健全育成条例の改正案が成立した。授業でも先生がこの条例について話していた。

「いいか、よく聞け。単に、おまいらに、“けしからん”マンガを見せないようにするための法だと思うなよ」

と先生は息巻いていた。

これからは、過激なマンガやアニメが規制されるのだという。

そういえば、このあいだ『エヴェンゲリオン』の映画のDVDを父さんが貸してくれたので観た。

そこには、レイがシンジの股にまたがり、くっついているシーンがあった。

これもやばいのか。

でも、レイの体は実際はシンジのお母さんのものだ。

ということは、近親……やっぱまずいのか。

ぼくの友だちは「うわあああああっ、シンジとレイがやっちゃってる!」と興奮していた。

たしかに、ぼくも最初観たときドキッとしたけど、べつにあれは「やっちゃってる」わけじゃない。

肉体が消滅し、心がひとつになったSF的世界を描いているだけだ。

性的なものとはまったく関係ない……いや、でも、好きな人とひとつになるって、性的に関係ないといえなくもないのではないか。

くそっ。考えれば考えるほどわからなくなる。

都の偉い人たちは、どう考えるのだろう?

友だちがコンビニから、過激なマンガを買ってきたので見せてもらった。こういうのが趣味らしい。

たしかにちょっと興奮した。でも、実際に女の子にこんなことをしたいと思わない。

やっぱり、お互いにしたいと思っていることをお互いにするのが〈愛〉だと思うから。

あれ? これって中二病?

「禁止、規制すべき〈表現〉というのは、あらかじめ規定することはできない。だから、いきおいその条項はあいまいなものになる。だから、〈表現〉する側は、『これはいいのか』『わるいのか』と頭を悩ませる。だって、『いけない』を判断するのは、行政の側なんだから。で、作家が最後に出す結論は『やばそうだからやめておこう』だ」

ぼくは先生の話を聞いて、吉良吉影のスタンド能力〈バイツァ・ダスト〉(負けて死ね)[注]を思い出した。

描いてもだめ。しゃべってもだめ。あらゆる表現が抹殺されてしまう。しかも、そのことに誰も気がつかない。

作家が表現を自主規制し、その作品(描写)が世に出なければ、そもそも過激なシーンがあったかもしれないということさえ、誰も知ることはない。

なんだか息苦しい。部屋の壁がどんどんせまって、押しつぶされそうな気がする。

ぼくたちは大人たちによって、いろいろなものを禁止されている。

タバコもダメ。お酒もダメ。

いかがわしいマンガやアニメもダメ。

これが「育成」。けっして「抑制」ではない、ってことか。

まっすぐな人間になるように。けっして曲がらないように。

まっすぐな人間になることがよいのかどうか。僕にはわからない。

人生は曲がってもいいのではないか。

そんなことを最近は考えるようになった。

[注]荒木飛呂彦・著『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する殺人鬼が持っている特殊能力。言葉や文字などで正体をバラそうとすると、その者を爆死させたうえで、時間を逆行させて、その行為をなかったことにしてしまう。

※この文章は元・未成年のオトナが高校生の気持ちになって綴ったものです。一部にフィクションが含まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA