アニメ『新世界より』──「映像化不可能」はなんかおかしい【第一印象レビュー】

Img_20121008
アニメ版『新世界より』(原作:貴志祐介)がスタートしました。今回は初回の感想をメモしておきます。
「映像化不可能と言われた原作をアニメ化」みたいな言われ方をしていたのですが、このブログで「RPGみたいだ」と書いたとおり、むしろビジュアルが想像しやすい作品であると思います。
小説としてはかなりの長編なので、それを放映時期内におさめるのが難しい、という意味ならわかるのですが。
初回を見る限りは、キャラクターや舞台のデザインは、まさに小説を読みながら想像したとおりで、比較的うまくアニメ化しているのではないかと評価できます。
省略されるエピソードが出てくるのは避けられないでしょうが、いかに途中で空中分解せずに物語を終わらせるかが、スタッフ陣の腕の見せ所といえそうです。
●テレビ朝日『新世界より』オフィシャルサイト
http://www.tv-asahi.co.jp/shinsekaiyori/

One Reply to “アニメ『新世界より』──「映像化不可能」はなんかおかしい【第一印象レビュー】”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA