『ファイナル・デッドブリッジ』──ドラえもんのひみつ道具のように物語が無限に作れるフォーマット

「ドラえもん」のひみつ道具と、『ジョジョの奇妙な冒険』のスタンド。この両者の共通点をご存知でしょうか。

それは、「いったん前提となる設定(ルール)を決めてしまえば、物語が無限に作れるフォーマット」ということです。

「死神のリストに載ったものは必ず死ぬ」というルールを持つ、この「ファイナル〜」シリーズも同様ではないでしょうか。

ただ「物語が無限に作れる」ことと、「作品がおもしろい」ことは、かならず一致するわけではなく、むしろ「前提となる設定」が制作上の足枷となって、結果的に作品の質が下がってしまう危険性も秘めています。

しかし、シリーズ第5作目となる本作は、観ている者を最初から最後まで画面に釘付けにさせます。

脚本や特殊効果など、映画の基本中の基本といえる部分がしっかり作り込まれているからでしょう。

登場人物が無残にも死んでいく映画で、描写は残虐ですが、後味は悪くなく、見終わったあとになぜかスカッとする爽快感を味わえるのも、このシリーズの特徴といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA