AMOYAMO『LET’S GO OUT』──ダンスが稚拙。でもそこがいいよー

Img20121226
毎週楽しみにしているアニメ『銀魂』ですが、じつは楽しみにしているのは、オープニング曲だということに、先週気づきました(放映開始から何か月経ってるんだろう?)
だから、買ってしまったのですよ。Amazonでためらうことなく、ポチッと。
“ビデオクリップ評論家”の眼から見ると、ダンスがたどたどしい。動きにキレがない。
でも、そこがいい。
楽曲の疾走感は本物だし、ボーカルの延びも悪くない。
このまま突き進んでほしい。
AMOYAMO OFFICIAL WEBSITE

もうすぐクリスマスだから『NiGHTS』の「Dreams DREAMS」を聞こう!

あなたのクリスマスソングは何ですか?

ぎゃふん工房は、なんのためらいもなく『NiGHTS』の「Dreams DREAMS」を推薦します。

『NiGHTS』は、かのソニックチームが手がけたセガ・サターン用ソフトです。Wiiにも『ナイツ ~星降る夜の物語~』というタイトルでリメイクされています。

作曲は佐々木朋子さん。ニンテンドーDS『きみのためなら死ねる』で「ズンズンズンズン……Rub it!」という強烈なフレーズを編み出した人です。

「Dreams DREAMS」には2バージョンあり、ゲームの通常のエンディングでは、Kidsバージョンが流れ、条件をクリアすることで大人バージョンに変わります。

楽曲の完成度は、もちろん、大人バージョンのほうが高いのですが、今回推したいのは、Kidsバージョンなのです。

いまだかつて、これほどまでにかわいらしいクリスマスソングがあったでしょうか。

稚拙。子どもだから、もちろん、たどたどしい。だが、そこがいい。

ぜひ、iTunes Storeでダウンロードして聴いていただきたいのですが、なぜかKidsバージョンはないようです。

しかたがないので、YouTubeを貼っておきます。
もちろん、大人バージョンも必聴です。っていうより、神曲です。

MEIKO(ミーコ)「STUCK ON YOU」──春っぽい曲だからこそ真冬に聞きたい

ちょうど昨年の今ごろ、春を感じさせるアーティストとして、ロシアン=レッドを紹介しました
今年も同じように、春っぽい仕上がりのMEIKO(メイコと書いてミーコと読む)をおすすめします。
師走の慌ただしい時期だからこそ、ふと手を休めて、耳を傾けたいものです。

カーリー=レイ=ジェプセン『キス』──古風な名前と楽曲のギャップ萌え

日本人にはなかなかわからないのですが、「カーリー=レイ=ジェプセン」と名前が3つ連なるのは「古風な名前」(©小林克也氏)だそうです。

にもかかわらず、この歌詞、この曲調。

これがまさに“ギャップ萌え”ってやつか!?

ヒット曲「Call Me Mayby」に惹かれ、にわかに注目したのですが、iTunesStoreなどでこの曲だけダウンロードしておけばいいのに「気に入ったアーティストのものはアルバムを買う」という悪いクセが出てしまい、ついポチッてしまいました。

でも結果は大正解。

全編に文字通り「ポップ」さにあふれ、心弾むナンバーの連続です。

こういう正統派、ド正面、直球のポップスはじつは久しぶりかもしれない。

「Call Me Mayby」のミュージックビデオは、楽曲のイメージとはうらはらに、彩度を落とした、ちょっと時代ががかった映像になっていて、ここで「古風」な感じを表現しているのかも──なんて想像をするのも一興です。

Aimer『Sleepless Nights』──とてつもなく切なくて、とてつもなく愛おしい

Img_20121010
前から観たかった「あなたに出会わなければ~夏雪冬花~」のミュージックビデオが収録されているので購入しました。
ビデオは4曲あり、それぞれが個性的なのですが、どれも切なくて、愛おしいという点で共通しています。
まるで4本の上質な短編映画を観ている感じ。
正直、語るべき言葉が見つからない。
ただただ胸が締めつけられる想いです。

【Sleepless Nights】
Aimer
efSTAR RECORDS
[初回生産限定盤 DVD付]¥ 3500

Aimer(エメ)『あなたに出会わなければ〜夏雪冬花〜/星屑ビーナス』──ガールズラブ小説のテーマ曲に認定

Img20120928
現在、来年の発表に向けて心霊ホラー&ガールズラブ(百合)小説を制作しています。
そっち方面のアンテナが立っているせいか、最近はそういう系の作品が引っかかってきます。
少し前は、SKE48の「片想いFinally」のPVが「あ、これは!」となり、さっそくiTunes Storeでダウンロードさせていただきました。
で、先日この「あなたに出会わなければ〜夏雪冬花〜」が網にかかったので、衝動的にCDを買ってしまいました。Amazonで、ポチッと。
CD+DVDですが、DVDのほうには、引っかかったはずのPVは収録されておらず、かといって、PV全編はまだどこにも公開されていないようです。
じゃあCDを買った意味がなかったのかというと、「歌もよさそうだ」と思ったからこそ、わざわざ購入したわけで、結果は大正解でした。
静かにゆったりと情緒的に語りかける前半から一変、サビでは突如、情感たっぷりに歌い上げる、このメーターの触れ幅。
演奏時間6分という長時間のなかで、感情を、情念を描写します。
「片想いFinally」とともに、小説のテーマ曲に勝手に認定させていただきました。

【あなたに出会わなければ~夏雪冬花~/星屑ビーナス】
Aimer(エメ)
DefSTAR RECORDS
[初回生産限定盤]¥1500

KARA『KARAコレクション』──誰が一番とか決める必要はないでしょ

「KARAの中で誰が一番好き?」 ──と聞かれることがありますが、「そんなの決められないよ」と言いたくなるような一作です。

今回は楽曲もビデオも、メンバーのソロバージョン。 いうまでもなく、全員が聴かせます、見せます。 それぞれの持ち味を最大限引き出した世界が堪能できるのです。

かといって、てんでバラバラでなく、全編を通して一本芯が通っているところも評価に値します。

うん、やっぱ、きめられない、誰かひとりなんて。

AKB48『ギンガムチェック』──ま、なんだかんだでトップクラスの楽曲だと思う

Img20120918_2
このブログでAKB48を取り上げるのは、じつは初めてです。
古くはSPEEDやモーニング娘。といった日本を代表するダンス・アイドルグループをレビューの対象とし、またブログでは扱っていないが、もろ「おニャン子」直撃世代としては、AKB48こそ当然語らなければならない“物件”でした。
しかし、以前にKARAのところで書いたように、こういった“強い刺激”を一時期受け入れられくなってしまっていたのが、AKB48スルーのおもな理由です。
とはいえ、“リハビリ”中にも、iTunes storeで「フライングゲット」「Everyday、カチューシャ」「ヘビーローテーション」などはダウンロードしており、じっくりと下地づくりには励んでおりました。
で、満を持しての新曲購入。『ギンガムチェック』であります。
アップテンポな楽曲と、遊び心満載の能天気なミュージックビデオ。
文句のつけようもございません。
まさに「ビジュアルとサウンドの禁じられた融合」
このコンセプトは、歴史を振り返れば、プレスリーをその原点に挙げる人もいるかもしれませんが、老若男女・全世界的に普及させたのは、やはりマイケル=ジャクソン(セガ人としては「マイケル局長」と言いたいですが)でしょう。
AKB48も日本のトップアイドルだけあって、〈手間とお金がかかってる感〉は他の追随を許さない。この安定感はすなわち安心感につながります。
これが、マイケル局長にも通じることは言うまでもないでしょう。
ただただ音と映像のシャワーに身を委ねるだけで楽しくなってくる。
今の世の中にあって、じつに貴重で幸福なことであります。

【ギンガムチェック】
AKB48
キングレコード
[Type-A/数量限定生産盤/多売特典生写真無し]¥1600

安室奈美恵『Uncontrolled』──ダウンロードでなくCDを持っておきたい

どんな音楽生活(ミュージック・ライフ)を送るかは、人それぞれであって、正解はありません。

現在は、ケータイやスマートフォン、iPodなどに楽曲データをダウンロードし、イヤフォンやヘッドフォンで聞く──というのが一般的な音楽の楽しみ方であるように思います。

でも私の場合は、部屋中を音楽で満たし、“音のシャワー”に身を委ねたいので、このネット時代にあっても、未だCDで音楽を鳴らしています。

iTunesで鳴らす音ではパワー不足で、部屋中に響き渡る“音のシャワー”にならないからです。

でも、時代はさらに進歩しました。

iTunesのAirPlayという機能を使うと、CDと同じ音質で音楽を奏でることができるのです(聞く人が聞けば違いがあるのでしょうが、少なくとも私は聞き分けることはできません)。
遅ればせながら、私もCDレスの生活に! みんなの仲間入り!

……と思っていたのですが、良い音楽はCDで聞きたい──いや正確にはCDを「持っておきたい」という感情は捨てきれないのでした。

音質はネットもCDも変わらず、価格面でいえば、ネットのほうが割安です。

にもかかわらず芽生える「CDが欲しい」というこの感覚。不思議です。

といったところで、最近購入したのが、安室奈美恵『Uncontrolled』です。

もちろん、iTunesでも配信されているアルバムですが、CDを買ってしまいました。

基本的にはダンスミュージックなので、私のいうところの「“音のシャワー”に身を委ねたい」曲とは少し異なります。

しかし、「Love Story」は“しっとり聞かせる音楽”になっており、ボーカリストの貫録もあいまって、これはまさしく、アンプで音を増幅し、5.1chのスピーカーで堪能するのにふさわしい楽曲になっています。

ネットからダウンロードしても、CDからデータを読み込んでも、そしてCDプレイヤーで再生しても、聞こえる〈音〉は同じなのですが、やはり手元にアルバムという目に見えるカタチがないと、満足感が得られない気がするのです。

アレクサンドラ=スタン「ミスター・サクソビート~恋の大作戦~」──カッコいいのにあどけない

Img2012051201
Img2012051202
おや? これは久しぶりに掘り出し物を探り当てたかもしれませんよ。
──というくらいお得感たっぷりのサウンドとビジュアル。
プロモーションビデオでは、東欧人ならではの洗練されたカッコよさを見せているんだけど、ちょっとあどけなさもあったりして、そのアンバランスさがいい塩梅になっている。
とあるテレビ番組にゲスト出演したとき「ルーマニアっていう小っちゃい国だからトップになれた。イギリスとかだったらダメだった」などとコメントもしており、その謙虚さも好感度アップに一役買っているように思う。
Alexandra Stan http://www.alexandrastan.ro/