ゾンビに人権はあるか?[2]──レオンは侵略者?

もし仮に、われわれが「ゾンビ」(ガナード)に襲われたとして、自分の身を守るために発砲し、なおかつ相手を死なせてしまった、としたらどうでしょうか。
そもそも銃を持つことが違法かもしれないのですが、そうだとしても〈人権〉(FHR)の問題は生じません。
〈人間〉と〈ゾンビ〉の間には〈FHR〉は成り立たないからです。
では、われわれが警察官だったとしたらどうでしょうか。
警察官は〈国家機関〉の一員ですから、〈FHR〉の問題が生じる可能性があります。
〈警察官〉と〈人間〉の間には〈FHR〉が成り立つからです。
とはいえ、警察官とはいえ生身の人間ですから、正当防衛で武器を使用することは認められるでしょう。
では、『バイオハザード4』のレオンの場合はどうなのでしょうか。
たしかに、「村人が襲ってきた」→「差し迫った生命の危険がある」→「危険を排除するために発砲する」という一連の流れに不適正な点はないように思われます。
ところが、レオンは住人の許可なく勝手に家に入りこんでいます。
Img20120424002
村人からすれば「銃を持ったわけのわからない男が、気づいたら家の中にいて、何やらわめている」。そう思えたとしても不思議ではありません。
つまり、村人のほうこそ「生命の危険」を感じたのかもしれません。だから、武器を手に取り、身を守ろうとしたのでしょう。
そもそもなぜレオンが行方不明者の捜索をしているのでしょうか。
対象がアメリカ大統領の娘である、という大義名分はあります。だから、ここがアメリカ国内であれば、問題は生じません。
しかし、ここは外国なのです。
犯罪が起こった場合、いくら被害者が外国人であろうと、捜査はその国の警察が行なうのが一般的です。
これを〈国家主権〉と言います。
現に、レオンは現地の警察の案内で村にやってきました。
Img20120426001
現地の警察を差し置いて、外国(アメリカ)の捜査官が住宅に侵入、住民に対し発砲し、殺害してしまった。
これが『バイオハザード4』の序盤で起こった出来事です。
著しい〈人権〉侵害であると同時に、〈国家主権〉侵害であるといえます。
──と、ここまで論を展開してきたものの、何か違和感があるのもたしかです。
主人公(=レオン)がとてつもない悪者──というのでは、ゲームをプレイするためのモチベーションが上がりません。上がる人もいるかもしれませんが、罪もない人を殺すのは、いくら虚構とはいえ嫌です。
レオンを救う方法はないのでしょうか。「レオンは正義の味方」。なんとかこの結論を導き出せないのでしょうか。
これを次回以降の課題としたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA