新ブログの7月の最新記事をご紹介!

2013年1月1日より、ブログは「ぎゃふん工房の作品レビュー」で更新しています。

ここでは新ブログの最新記事をご紹介していきます。

【1】マヒルは学校中が憧れるスーパー女子高生!【天使の街キャラクター紹介6】

Mahiruthumbnail

ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街~プライマリー~』のキャラクター紹介も今回で最後。今回はついに真打ちが登場。マヒルさんのご紹介です。

【2】映画『悪の教典』にあって原作小説にないものとは?

Akunokyoutenthumbnail

貴志祐介作品の原作はなかなか楽しめたが、その映画化だからといって、ふつうなら食指は動かない。しかし、この映画の監督は三池崇史なのだ。こちらの想像しない「なにか」があるはず。そう思って鑑賞してみた。実際、その「なにか」は見つかったのか? 今回はそれを述べる。

【3】剛力彩芽の歌「友達より大事な人」を真面目にレビューしてみる

Gorikiayamesong1thumbnail_2

剛力彩芽のことは顔と名前ぐらいしか知らなかった。お仕事をぶりを拝見したのは映画『プロメテウス』の吹き替えぐらいだった。しかし、これがどうにも「ばっきゃろー」な出来ばえだったので、彼女に対してあまりイメージを持っていなかった。にもかかわらず、このデビューシングル『友だちより大事な人』を購入したのはなぜか? それはもちろん、ブログのアクセスアップのためである。

【4】『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のトムの走り方がヘンって感想

Missionimpossiblegpthumbnail

『ミッション:インポッシブル』もシリーズ4作目となるが、今なお高いクォリティを保ち続けているのは素晴らしい。そしてなによりも、トム・クルーズの走り方が印象に残る映画であった。しかもそれこそがこの作品のキモであったのだ。

【5】藤井太洋『Gene Mapper -full build-』でわかる電子書籍と紙の本の違い

Genemapperfullbuildthumbnail

セルフ・パブリッシングの電子書籍として発売された藤井太洋『Gene Mapper -core-』が、紙の本『Gene Mapper -full build-』(ハヤカワ文庫)としてリリースされた。基本的なテーマやストーリー展開は同じ。作品そのものの魅力はすでに述べているので、今回はあくまで、電子書籍と紙の本の読後感の違いのようなものを探ってみる。

【6】ヤヨイは男勝りだけどもっとも女らしい!?【天使の街キャラクター紹介5】

Yayo_thumbnail

ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街~プライマリー~』のおもな登場人物は6人。残すはあと2人です。今回は5人目のヤヨイさんをご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA