新ブログの8月の最新記事をご紹介!

2013年1月1日より、ブログは「ぎゃふん工房の作品レビュー」で更新しています。

ここでは新ブログの最新記事をご紹介していきます。

【1】バケモノ退治は〈でもんず〉におまかせ!【天使の街・世界観の紹介2】

Demonsthumbnail

ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』の世界観を解説していくシリーズ。前回の〈テンシ〉に続きまして、今回は〈でもんず〉をご紹介します。

【2】『バイオハザード ダムネーション』をとりあえず観ておいてよかった

Biohazardcg2thumbnail

『バイオハザード』のCGアニメーション第2弾。前作『バイオハザード ディジェネレーション』は、駄作とまでは言わないまでも、なんとも締まらない出来栄えではあった。だから、期待はしていなかった。だが、アタリだった。明らかに前作よりおもしろい。

【3】AKB48「恋するフォーチュンクッキー」を聴くのは今ジャナイでしょ

Koisurufortunecookiethumbnail

「恋するフォーチュンクッキー」は一回聴いた限りではモッサリしている。「80年代ディスコ調」をウリにしているから、このモッサリ感はうなずける。──ってことは、この曲はダメってこと? ちがう。この曲は秋口に聴きたい。

【4】あなたの見た幽霊はテンシかもしれない……【天使の街・世界観の紹介1】

Mahirutensithumbnail

ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』の完成まで情報を小出しにしていくシリーズ。今回は「テンシ」をご紹介します。

【5】『クラウド アトラス』はひとには勧めるけど自分は気にくわない

Cloudatlasthumbnail

19世紀から24世紀の500年にわたり、6つのエピソードが展開する大作。みなさまの評価はおおむね高く、その理由も理解できるので、ひとにオススメはするのだが、個人的にはどうも気にくわない。今回は、オススメする点と、不満が残るところを書いていこう。

【6】マヨ先生の女子大生時代の画像を独占入手!【天使の街キャラクター紹介・番外編】

Mayostudentthumbnail

セルフ・パブリッシングで作る電子書籍『天使の街』のキャラクターは、前回までに主要6人を紹介しました。『天使の街~マヨ~』には、先生の女子大生時代も描かれています。そこで、今回はマヨさんがどんな学生だったのかを紹介していきましょう。

【7】われらが宿願『バイオハザード6』日本語版でおもしろさが倍増

Biohazard6jpthumbnail

『バイオハザード6』の日本語版パックが8月8日に配信を開始した。永年の宿願はいま成就したわけだ。本来なら最初から入れおくべきだった。ほかのゲームはみんなそうしている。でも、文句を言うのはやめよう。今回は、取り急ぎおもなムービーシーンとクリス編の序盤をプレイした感想を述べてみよう。

【8】【特報】『天使の街』は「ハルカ」「マヨ」の2冊でリリース!

Tensinomatchthumbnail

ブログで情報を小出しにしている『天使の街~プライマリー~』は、『天使の街~ハルカ~』『天使の街~マヨ~』の2つの物語で展開します! また、みなさまに新たな読書体験をご提供するために、AmazonやiBooksで買える〈電子書籍〉としてリリースすることになりました。今回はあらためて、それぞれのストーリーと、この物語の魅力をご紹介します。

【9】【『ダイ・ハード<日本語吹替完全版>』は頂戴した、ホォ、ホォ、ホォ

Diehardhiuraversionthumbnail

『ダイ・ハード<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX』を購入した。ひとつの映画で、野沢那智版、樋浦勉版、村野武範版の3バージョンが楽しめる。野沢那智版は繰り返し観ているし、すでにレビューもしているので、今回は樋浦勉版を鑑賞し、野沢版との味わいの違いを探ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA