安倍麻美『wishes』(CD)──アイドルによる歌謡曲の歴史を継承した一枚

これは珍しい。何かと言えば「歌が下手なこと」である。

最近は昔と違って、アイドルと言えど、それなりに“聞かせる”ものだが、ここまで「下手」と評価できる例はとても珍しい。「お姉さんに歌ってほしかった」と思わせる楽曲がいくつもある。

となると、このCDは やっちまったかと言えば、そうではない。

そのへんは、アイドルの楽曲を書かせたら天下一品の筒美京平だけあって、“聞かせる”メロディーが満載である。アレンジもいい。

ようするに「歌が下手」という、アイドルによる歌謡曲の歴史を正しく受け継いでおり、その意味で正当派のCDアルバムだったのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA