『渋谷怪談』『渋谷怪談2』(映画)──『呪怨』にゆかりのある監督だからといって物真似はいけない

予想以上に“怖い”仕上がりになっている。ということは、日本のホラーの本流に位置する作品ということであるが、キャラクター造形、恐怖演出の面から見て、どうしても「これじゃ『呪怨』だよ」という思いは拭えない。

『呪怨』のことは『呪怨』に任せておけばいいのであって、わざわざ別の作品で『呪怨』をやることはない。

あえて相違点を探すとすれば、登場人物の存在感、息遣いといったものが『呪怨』に比べて地に足が付いている感じがすることだろう(というより、『呪怨』はそういうものをあえて排そうとしているわけだが)。

その相違点をもっと意識的に強調していれば、作品の個性がもっと出てきたはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA