『パラノーマル・アクティビティ』(映画)──どうせウソなら開き直りがほしかったなあ

このあいだニコニコ動画で『ノロイ』を見た。
映画館に足を運び、DVDも持っている作品であるが
何度見てもおもしろい。
おもしろい理由のひとつは
「ウソとわかっているけどあえて挑発にのってみる」
という見ている側の思惑と
「『ウソとわかっているけどあえて挑発にのってみる』という挑発にのってみる」
という制作者側の意図がうまく合致し、
お互いの共犯関係が成り立ってところにあると思う。
しかもニコニコ動画の場合、
この共犯関係が複数になるので
おもしろさが倍増するというわけだ。
(まあ、権利関係の問題はあるとしても)
そして、この共犯関係を前提として、
「どうせバレているのなら好き勝手にやってしまおう」
という制作者側の開き直り。
これも『ノロイ』を傑作にしている要因のひとつだ。
といったところで、
「ドキュメンタリータッチのフィクション」
「題材が超常現象」
という共通点のある
『パラノーマル・アクティビティ』に目を向けてみると
やはりこの「開き直り」が足りない気がする。


たとえば、「天井裏を調べる」なんていうのは
『呪怨』や『零〜刺青ノ聲』など
ジャパニーズホラーではおなじみの魅力的なシーンで、
制作者の腕の見せ所なのだが、本作ではなんだか尻すぼみだ。
「天井裏を覗くと、ケイティの死体が! じゃあ下にいるのは誰!?」
とかなんでもいいのだが
とにかく派手にやらかしてほしかった。
あくまでも「リアリティ」にこだわったのかもしれないが
それは『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』
ですでにやっていることなので
新しい作品として提示するには、
物語としてもう一回転必要だったのではないかと思う。
あと、『ノロイ』と『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』
が持っている要素として
「人間という存在の怖さ」がある。
つまり「未知なるもの」ではなく
「そこにいる人間」への恐怖を
この2作品は描いているのだ。
『パラノーマル・アクティビティ』も
少しその要素が入っているように見えるが
(恋人同士が喧嘩する、というあたりに)
どこまで制作者が確信しているかは疑問だ。
「ホームビデオで超常現象を記録する」
という題材はジャパニーズホラーでは
ひとつのジャンルを形成しているので
目が肥えてしまっているのかもしれない。
その意味でアメリカ本国とは事情が異なるとも言える。
橋にも棒にもかからない作品というわけではない。
だからこそ、もうひとひねりほしかったなあと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA