『世界侵略:ロサンゼルス決戦』── またしてもテレビゲームのほうが勝ちなのか!?

Img20120115
異星人からの侵略に立ち向かう兵士たちの姿を淡々と描く。
淡々と──つまり、安っぽいヒューマニズムを振りかざさない製作姿勢には好感が持てる。
あくまで主人公とその部隊に焦点をしぼり、マクロ的視点からの描写を切り捨てたことで、臨場感やリアリズムが増すことになった。
ただ、これだったら「主人公の動かせる映画」であるテレビゲームでいいのではないか、という思いを抱いてしまうのも事実だ。
人によって異なると思うが、個人的には『レジスタンス』シリーズがやりたくなる。
人間ドラマをあえて省いた点は、映画としては成功かもしれないが、テレビゲームに対抗する娯楽作品として見た場合、疑問符がついてしまうのだ。

【世界侵略:ロサンゼルス決戦】
出演:アーロン=エッカート ミシェル・ロドリゲス
監督:ジョナサン=リーベスマン
http://bd-dvd.sonypictures.jp/battlela/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA